Python WordPress

WordPress (Stinger)にPythonのソースコードを貼るには

投稿日:

こちらを読むと

  • WordPress(Stingerテンプレート)でのPythonのソースコードの貼り方が分かります
  • WordPressのhtmlの編集方法が分かります

やりたいこと

当ブログでは、WordPressでStingerテンプレートを使っているのですが、Pythonのソースコードを、開発環境の見た目のまま貼り付けたいと思い、調べました。

手順

  1. Jupyter NotebookにてPythonのソースコードを作成
  2. ソースファイルをGistにアップロードしリンクを取得
  3. WordPressをモードで開き、リンクを貼る

Gistとは

GitHubが提供している、ソースコードをアップロードして他サイトなどで共有できるサービスです。
https://gist.github.com/

GitHubにアカウントがあることを前提として、上記のURLにアクセスします。
Gist descriptionには記事のタイトルを記載し、下記の①の部分にファイルをドラッグ&ドロップ、右下の”Create public gist”をクリックしてページを作成します。

すると、以下のようなページに移動するので、矢印の部分をクリックして、リンクをコピーします。これはスクリプトのコードになっています。

WordPressの記事投稿ページの右上のボタンを押して、
エディターをコードエディターに切り替える
上記のようにコードが表示されるので、
Gistでコピーしたリンクを、コードを挿入したい場所に貼り付けます
結果はこんな感じに。
Jupyter Notebookの表示と全く変わらない形で貼り付けできています。便利!

まとめ

  • WordPress(Stingerテンプレート)でのPythonのソースコードの貼り方が分かりました
  • WordPressのhtmlの編集方法が分かりました

PythonソースコードをJupyter Notebook形式で貼れるようになったので、技術記事をどんどん書いていきたいと思います!



-Python, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Python matplotlibで複数のグラフを描画する

Table of Contents こちらを読むと記事を書いたきっかけ複数グラフの枠を表示グラフの中身を表示グラフ間隔の調整まとめReference こちらを読むと Pythonのグラフライブラリma …

WordPressのレイアウトカスタマイズ①

Table of Contents やりたいことアイキャッチ画像の設定結果追記:ブログ編集時に画像のコピー&ペーストがしたい やりたいこと WordPressでブログを立ち上げてみたものの、何となく淋 …

WordPressのアップデート①

Table of Contents やりたいこと手順Xサーバーのバックアップ やりたいこと 前から気になっていたのですが、WordPress管理画面の上部に、 WordPress更新のお知らせがきてい …

WordPressのアップデート②

Table of Contents やりたいこと アップデート開始 アップデート後、コピペができなくなる 結果 やりたいこと 先日に引き続き、WordPressのアップデートです。 前回でバックアップ …

SIerエンジニアが1年間AIを勉強して感じること

Table of Contents こちらを読むと結論:AI職は、エンジニアの上位職ではなく、別物著者についてAI職と一般エンジニアとの違い機械学習エンジニアが一般エンジニアと違うところ機械学習のモデ …

Twitterフォロー

Twitterタイムライン