Python WordPress

WordPress (Stinger)にPythonのソースコードを貼るには

投稿日:

こちらを読むと

  • WordPress(Stingerテンプレート)でのPythonのソースコードの貼り方が分かります
  • WordPressのhtmlの編集方法が分かります

やりたいこと

当ブログでは、WordPressでStingerテンプレートを使っているのですが、Pythonのソースコードを、開発環境の見た目のまま貼り付けたいと思い、調べました。

手順

  1. Jupyter NotebookにてPythonのソースコードを作成
  2. ソースファイルをGistにアップロードしリンクを取得
  3. WordPressをモードで開き、リンクを貼る

Gistとは

GitHubが提供している、ソースコードをアップロードして他サイトなどで共有できるサービスです。
https://gist.github.com/

GitHubにアカウントがあることを前提として、上記のURLにアクセスします。
Gist descriptionには記事のタイトルを記載し、下記の①の部分にファイルをドラッグ&ドロップ、右下の”Create public gist”をクリックしてページを作成します。

すると、以下のようなページに移動するので、矢印の部分をクリックして、リンクをコピーします。これはスクリプトのコードになっています。

WordPressの記事投稿ページの右上のボタンを押して、
エディターをコードエディターに切り替える
上記のようにコードが表示されるので、
Gistでコピーしたリンクを、コードを挿入したい場所に貼り付けます
結果はこんな感じに。
Jupyter Notebookの表示と全く変わらない形で貼り付けできています。便利!

まとめ

  • WordPress(Stingerテンプレート)でのPythonのソースコードの貼り方が分かりました
  • WordPressのhtmlの編集方法が分かりました

PythonソースコードをJupyter Notebook形式で貼れるようになったので、技術記事をどんどん書いていきたいと思います!



-Python, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

日本語の疑似コードによるプログラミング(プログラミング初心者のために)

Table of Contents こちらを読むとはじめに課題:バブルソート関数の定義疑似コードを書く繰り返しをまとめるソートの交換処理を具体的に疑似コード⇒Pythonコードへの変換まとめRefer …

Python matplotlibで複数のグラフを描画する

Table of Contents こちらを読むと記事を書いたきっかけ複数グラフの枠を表示グラフの中身を表示グラフ間隔の調整まとめReference こちらを読むと Pythonのグラフライブラリma …

WordPress 目次を作るプラグイン

Table of Contents こちらを読むと目次プラグインの一覧Easy Table of ContentsCM Table Of Contents Shortcode Table of Con …

Pythonでイカサマサイコロの検定を行う

Table of Contents こちらを読むと やりたいこと調べる方法サイコロを12000回投げる検定を行うまとめReference こちらを読むと Pythonでの統計検定方法の例が分かります二 …

単純パーセプトロン③

Table of Contents こちらを読むと数式おさらい実装まとめReference こちらを読むと 単純パーセプトロンの実装方法が分かります 数式おさらい 前回のブログで、単純パーセプトロンの …

Twitterフォロー

Twitterタイムライン