Python WordPress

WordPress (Stinger)にPythonのソースコードを貼るには

投稿日:

こちらを読むと

  • WordPress(Stingerテンプレート)でのPythonのソースコードの貼り方が分かります
  • WordPressのhtmlの編集方法が分かります

やりたいこと

当ブログでは、WordPressでStingerテンプレートを使っているのですが、Pythonのソースコードを、開発環境の見た目のまま貼り付けたいと思い、調べました。

手順

  1. Jupyter NotebookにてPythonのソースコードを作成
  2. ソースファイルをGistにアップロードしリンクを取得
  3. WordPressをモードで開き、リンクを貼る

Gistとは

GitHubが提供している、ソースコードをアップロードして他サイトなどで共有できるサービスです。
https://gist.github.com/

GitHubにアカウントがあることを前提として、上記のURLにアクセスします。
Gist descriptionには記事のタイトルを記載し、下記の①の部分にファイルをドラッグ&ドロップ、右下の”Create public gist”をクリックしてページを作成します。

すると、以下のようなページに移動するので、矢印の部分をクリックして、リンクをコピーします。これはスクリプトのコードになっています。

WordPressの記事投稿ページの右上のボタンを押して、
エディターをコードエディターに切り替える
上記のようにコードが表示されるので、
Gistでコピーしたリンクを、コードを挿入したい場所に貼り付けます
結果はこんな感じに。
Jupyter Notebookの表示と全く変わらない形で貼り付けできています。便利!

まとめ

  • WordPress(Stingerテンプレート)でのPythonのソースコードの貼り方が分かりました
  • WordPressのhtmlの編集方法が分かりました

PythonソースコードをJupyter Notebook形式で貼れるようになったので、技術記事をどんどん書いていきたいと思います!



-Python, WordPress

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

単純パーセプトロン③

Table of Contents こちらを読むと数式おさらい実装まとめReference こちらを読むと 単純パーセプトロンの実装方法が分かります 数式おさらい 前回のブログで、単純パーセプトロンの …

WordPress 目次を作るプラグイン

Table of Contents こちらを読むと目次プラグインの一覧Easy Table of ContentsCM Table Of Contents Shortcode Table of Con …

アイキャッチ画像の作成!

Table of Contents やりたいことCanva結果考察 やりたいこと 前回のブログで、アイキャッチ画像を設定してみたのですが、 ペイントでフリーハンドで描いたものなので、クオリティが低すぎ …

Pythonでt検定を行う①

Table of Contents こちらを読むとやりたいことt検定とは仮説を立てるサイコロを振るまとめ こちらを読むと Pythonでの統計検定方法の例が分かりますt検定の方法が分かります やりたい …

WordPressのアップデート①

Table of Contents やりたいこと手順Xサーバーのバックアップ やりたいこと 前から気になっていたのですが、WordPress管理画面の上部に、 WordPress更新のお知らせがきてい …

Twitterフォロー

Twitterタイムライン