Life

SIer vs Web系論争に第3の道の提案「事業会社はいかがですか?」

投稿日:

こちらを読むと

  • 巷で少しブームになっていた、SIer vs Web系論争 の概要が分かります
  • SIer vs Web系論争に第3の道、事業会社に勤めることの提案をします

結論:SIer, Web系に限らず、いろんな道を模索するべし

最初に結論ですが、SIer or Web系という二者択一で考えるのではなく、第3の道を探るべきではないか、と思います。 

事業会社でもソフトウェア開発はできるのです。

以降から、まずSIerとWeb系について触れ、それらを選ぶべきなのか、別の道を探るべきなのか、述べていきます。

SIerとは

System Integratorの略称で、さまざまなデバイス、ソフトウェアを組み合わせてシステムを作り上げる会社です。

作り上げるシステムは大小さまざまですが、大きなものだと銀行のシステムや官公庁のシステムなどがあるかと思います。

以下の特徴を持つ会社だという認識です。

  • 顧客から要求されたシステムを請け負い開発する
  • 自社だけでなく、下請けを活用して開発する

大手では、NTTデータ、富士通、NECなどが挙げられます。

Web系とは

明確な定義があるかは存じませんが、以下の特徴を持つ会社だという認識です。

  • Webシステム、スマートフォンアプリを開発する
  • 自社サービスを開発している
  • 比較的新しい開発技術、プロセスを導入している

大手では、Yahoo、楽天、LINEなどが挙げられます。

SIer vs Web系論争

一概には言えませんが、SIerとWeb系は以下のように比較され、SIerはダメだ、Web系がよい、などと言われることがあります。

SIer

  • 枯れた(安定している)技術を使うことが多い
  • 要件定義などの上流工程を手掛け、プログラミングは外注するため、プログラミングスキルが身に付きづらい
  • ウォーターフロー型の開発プロセスが多く、後工程になるにつれソフトを変えるのが難しくなる
  • 多層な請負構造となっており、2次受け、3次受けと下流にいくにつれ労働時間が多く給料も少なくなりがち

Web系

  • 必要があれば新しい技術を積極的に導入する
  • 要件定義からプログラミングまで、すべて対応する
  • アジャイル型の開発プロセスが多く、柔軟にソフトを変えていける

以上の点から、SIerはク〇だ、Web系にいくべき。SIerからWeb系に転職したら天国だった、のような記事/情報が拡散されました。

※ちなみに、SIerと似て非なるSES(いわゆる技術派遣)については、別の観点からの分析が必要なため、ここでは触れません。

筆者が選んだ道

私はもともとSIerに勤めていたのですが、もれなく上述のSIer問題点に辟易し、転職という道を模索していました。

私は機械学習やデータサイエンス系の仕事がやりたいと思っていたので、それをベースに転職活動を始めました。

転職エージェントに紹介されるのは、いわゆるWeb系(ベンチャー)の企業が多かったですね。

しかし転職の道はなかなか険しく、特に私は35歳を超えていたので、なかなかご縁がありませんでした。その中で、とある事業会社からオファーを受け、内定をいただくことができました。

事業会社という第3の道

私はある事業会社に転職することになったのですが、そこでの待遇は思ったより良かったので、事業会社もありではないかな、と思った次第です。

具体的には、以下のような違いがありました。明らかに前職よりも良いと
私は 感じました。

会社 前職(SIer) 転職先(事業会社)
案件 受託開発 自社開発
プログラミング言語 顧客から指定 自社で選択
ツール 自由度低
・クラウド使用不可
・フリーソフト/OSS使用制限
自由度高
・クラウド使用可能
・フリーソフト/OSS使用制限ほぼ無し
社風 顧客の決めた期限に追われて余裕がなく残業も多め 自社内で期限を決められるため余裕がありほぼ定時帰宅
待遇会社の歯車として使われている感が。。ソフト屋がそもそも少ないので、非常に重宝される

まとめ

ここで述べた内容に関しては、サンプルが私の経験した2社しかありませんし、転職してまだ2か月しか経っていないため、今後状況は変わる可能性はあります。

ただ、ここで言いたかったのは、SIerかWebか、といった二者択一ではなく、他の道も選べるんだ、ということです。

みなさん、視野を広く持ってキャリアを築いていって頂きたい、と思いました。



-Life

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SIerエンジニアが1年間AIを勉強して感じること

Table of Contents こちらを読むと結論:AI職は、エンジニアの上位職ではなく、別物著者についてAI職と一般エンジニアとの違い機械学習エンジニアが一般エンジニアと違うところ機械学習のモデ …

人生の残り日数を知るために30kを使ってみた

Table of Contents こちらを読むと30kとはインストール方法30kを使ってみてアンインストール方法まとめ こちらを読むと 人生を有意義に使えます自分の残りライフがわかります30kという …

SIerで楽しく働くには

Table of Contents こちらを読むと結論:新しい技術を使って楽しく業務改善をしましょう著者についてSIer業務がつまらない理由なぜ新しい技術が使えないか自分が提案すればよいのでは?提案: …

SIerではプログラミングができない

Table of Contents こちらを読むとSIerではプログラミングができない著者についてプログラミングはSESにお任せSIerでは上流工程、マネジメントが求められるまとめ こちらを読むと S …

Twitterフォロー

Twitterタイムライン