機械学習

scikit-learn load_iris datasetのまとめ

投稿日:

アイリス、花、紫、赤紫

こちらを読むと

  • scikit-learnのload_iris datasetについて、詳細が分かります。

何がしたいか

scikit-learnのload_iris dataset を使ってデータ分析の練習をしようと思ったのですが、そもそもどういうデータが入っているのか?データの型はどうなっているのか?など疑問点が出てきました。

データをまとめた決定版のようなものが見つからなかったので、書いてみることにしました。

load_iris dataset

公式ページはこちら

非常に簡単な多クラス分類用のデータセットです。

情報
クラス数3
クラス毎のデータ数50
サンプル合計数150
次元4
特徴量最小最大平均標準偏差
sepal(がく)の長さ [cm]4.37.95.840.83
sepal(がく)の幅 [cm] 2.04.43.050.43
花びらの長さ [cm]1.06.93.761.76
花びらの幅[cm]0.12.51.200.76
クラス
Iris-Setosa
Iris-Versicolour
Iris-Virginica

まとめ

  • scikit-learnのload_iris datasetについて、詳細が分かりました。

これでload_irisの基本情報が押さえられたので、データ分析することができます!



-機械学習

執筆者:


  1. […] 前回のブログで、load_irisのdatasetを解説しました。今回はこのデータを観察していきます。 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

多クラスロジスティック回帰⑥ モデル出力を確率で

Table of Contents こちらを読むと確率の表し方まとめReference こちらを読むと 多クラスロジスティック回帰について、モデル出力を確率で表す方法が分かります 確率の表し方 前回ま …

Google Colaboratoryで大容量ファイルの分析を行う完全準備ガイド

Table of Contents こちらを読むとやりたいことたとえばシンプルにやると失敗するベストはGoogle Drive上でzip解凍しておくZIP Extractorで解凍まとめReferen …

kaggleのKernelでGPUを使うには

Table of Contents こちらを読むとはじめにKernelの設定まとめ こちらを読むと kaggleのKernelでGPUを使う方法が分かります。記事の所要時間は5分です。 はじめに ka …

ロジスティック回帰② アルゴリズム

Table of Contents こちらを読むと尤度関数を用いた最尤推定まとめReference こちらを読むと ロジスティック回帰のアルゴリズムを理解できます 前回の記事で、ロジスティック回帰はシ …

多クラスロジスティック回帰①

Table of Contents こちらを読むと多クラスロジスティック回帰とは何が嬉しいか多クラス分類モデルソフトマックス関数まとめReference こちらを読むと 機械学習多クラスロジスティック …