SAFE-stack

SAFE stack 開発環境(Windows)

投稿日:

概要

SAFE stack公式ページ Quick Start に記載されている環境構築方法(Windows)
について記載します。

ツール

SAFEアプリケーション作成のために以下のインストールが必要です。

  • .NET Core SDK 2.1.
  • FAKE 5 – バージョン5.10以上が推奨
  • Yarn(パッケージマネージャ) – バージョン1.10.1以上が推奨
  • Node 8.x (フロントエンドコンポーネント作成用)
  • OSX or Linuxの場合、Monoのインストールが必要

SAFE-stackとの関係は以下のようになるでしょうか。
誤りがあれば、後で訂正します。

.NET Core SDK

.NET CoreはWebサービスやコンソールアプリケーションの開発が可能なクロスプラットフォーム版の.NETです。
Windowsだけでなく、Linux, macOSでも開発することができます。

FAKE5

FAKEはmakeやrakeに似た機能を持つビルドオートメーションシステムです。 ビルド、テスト、および展開プロセスを自動化するために使用されます。

FAKEはDSL(ドメイン固有言語)です。
FAKEはF#で書かれており、すべてのビルドスクリプトもF#で書かれていますが、F#でプログラミングする必要はなく、FAKE構文で書きます。

Yarn

npmと互換性のあるJavaScriptのパッケージマネージャです。
並行インストールを行うことにより、npmよりも処理速度を向上させています。

Node 8.x

Node.jsです。
Node 8.xと書かれていますが、最新バージョンを入れればよいのではないでしょうか。これから検証していきます。

Mono

Monoは、開発者が.NET の一部であるクロスプラットフォームアプリケーションを簡単に作成できるように設計されたソフトウェアプラットフォームです。
Windows以外での開発に必要とのことなので、ここでは割愛します。

Reference

SAFE stack公式ページ Quick Start
https://safe-stack.github.io/docs/quickstart/



-SAFE-stack

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

SAFE stack概要

Table of Contents SAFE stackとはスタック構造SaturnAzureFableElmishReference SAFE stackとは SAFE stackは、Webアプリケ …