機械学習

Kaggle Kernelでライブラリをpip installでインストールする方法

投稿日:

こちらを読むと

  • Kaggle Kernelでライブラリをpip installでインストールする方法が分かります。
  • 記事の所要時間は5分です。

はじめに

Kaggle Kernelでmglearnというライブラリを使いたかったのですが、デフォルトでインストールされていないようで、importできませんでした。

インストールしようとしたのですが、すんなりといかなかった点があったので、共有します!

Kaggle Kernel画面

まず、Kaggle Kernel画面はこのようになっていると思います。

今回、mglearnというライブラリを使いたかったので、以下のようにmglearnをimportしてみます。

すると、mglearnが見つからないとエラーが出てしまいます。

外部ライブラリのインストール

Kaggle KernelはJupyter Notebookと同じなので、’!’を先頭に付けることで、unixのコマンドを実行可能です。

よって、以下のように、”!pip install <パッケージ名>”とすることで、所望のパッケージインストールを試みます。

Collecting mglearnと表示されたので、うまくいきそうな雰囲気です。

ところが、しばらくすると以下のように表示され、インストールに失敗します。

エラーメッセージを読むと、’NewConnectionError’と出ているため、ネットワーク関連の問題のようです。

そこで、Kernelの右下のSettingsを確認すると、”Internet blocked”となっています。

Internetの設定を選択し、”Internet connected”を選んでみましょう。

すると、以下のダイアログが表示され、設定してよいか聞かれます。

Confirmを選択すると、Settingが以下のように、”Internet connected”に変わります。

再び”!pip install”を試すと、以下のようにインストールに成功します。

その後、importを実行すると、以下のように成功します!

まとめ

  • Kaggle Kernelでライブラリをpip installでインストールする方法が分かりました。

Kaggle Kernelに関する情報を検索しても、意外と出てこないことが多いので、新しく得られた知見があれば随時共有していこうと思います!



-機械学習

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロジスティック回帰①

Table of Contents こちらを読むとロジスティック回帰とは何が嬉しいかシグモイド関数モデル式まとめReference こちらを読むと 機械学習のロジスティック回帰の概要を知ることができま …

カテゴリ特徴量の変換方法

Table of Contents こちらを読むとデータ例One-HotエンコーディングダミーコーディングEffectコーディング変換方法のまとめまとめReference こちらを読むと カテゴリ特徴 …

機械学習初心者のための入門本ランキング

Table of Contents こちらを読むと評価基準第1位:ゼロから作るDeep Learning ―Pythonで学ぶディープラーニングの理論と実装第2位:Pythonで動かして学ぶ! あたら …

機械学習でのカテゴリ特徴量の扱いについて

Table of Contents こちらを読むとカテゴリ特徴量とはカテゴリ特徴量の例カテゴリ特徴量は機械学習モデルで扱えないカテゴリ特徴量の変換例まとめ こちらを読むと カテゴリ特徴量とは何か?が分 …

scikit-learn load_iris datasetのデータ観察

Table of Contents こちらを読むとデータ観察のソースコード散布図マトリクスの解説散布図の解説まとめReference こちらを読むと scikit-learnのload_iris da …