機械学習

単純パーセプトロン①

投稿日:2019年1月31日 更新日:

こちらを読むと

  • ニューラルネットワークのパーセプトロンの概要を知ることができます

単純パーセプトロンとは

ニューラルネットワークの1種で、以下のような入力Xに重みwをかけて加算し、
出力yを取り出すネットワークです。

上記の図を式で表すと、以下のようになります。

$$
\begin{eqnarray}
y=\left\{ \begin{array}{ll}
1 & (w_1x_1+w_2x_2 +\cdots+w_nx_n \geq \theta) \\
0 & (w_1x_1+w_2x_2 +\cdots+w_nx_n < \theta) \\
\end{array} \right.
\end{eqnarray}
$$

ここで、以下のような関数を考えます。

$$
\begin{eqnarray}
f(x)=\left\{ \begin{array}{ll}
1 & (x \geq 0) \\
0 & (x < 0 ) \\
\end{array} \right.
\end{eqnarray}
$$

すると、ネットワークの出力yの式は、以下のように書き直すことができます。

$$
y = f(w_1x_1+w_2x_2 +\cdots+w_nx_n -\theta)
$$

まとめ

  • ニューラルネットワークのパーセプトロンの概要を知ることができました

次回は、上記の式変形を行い、ベクトル形式での式表示、および誤り訂正学習法の方法について説明します。

Reference

詳解ディープラーニング
https://book.mynavi.jp/manatee/books/detail/id=72424



-機械学習

執筆者:


  1. […] 前回のブログで、以下のような\(f(x)\)を定義すると、 […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ロジスティック回帰③ 勾配法

Table of Contents こちらを読むと交差エントロピー誤差関数のおさらい勾配法(勾配降下法)まとめReference こちらを読むと ロジスティック回帰の勾配法でパラメータを決定する手法を …

Google Colaboratoryで大容量ファイルの分析を行う完全準備ガイド

Table of Contents こちらを読むとやりたいことたとえばシンプルにやると失敗するベストはGoogle Drive上でzip解凍しておくZIP Extractorで解凍まとめReferen …

ロジスティック回帰② アルゴリズム

Table of Contents こちらを読むと尤度関数を用いた最尤推定まとめReference こちらを読むと ロジスティック回帰のアルゴリズムを理解できます 前回の記事で、ロジスティック回帰はシ …

ロジスティック回帰④ 勾配法その2

Table of Contents こちらを読むと勾配法の式のおさらい勾配法の式変形シグモイド関数の微分を用いて式変形パラメータの更新式まとめReference こちらを読むと ロジスティック回帰の勾 …

多クラスロジスティック回帰⑥ モデル出力を確率で

Table of Contents こちらを読むと確率の表し方まとめReference こちらを読むと 多クラスロジスティック回帰について、モデル出力を確率で表す方法が分かります 確率の表し方 前回ま …

Twitterフォロー

Twitterタイムライン