Python 統計

Pythonでt検定を行う①

投稿日:

こちらを読むと

  • Pythonでの統計検定方法の例が分かります
  • t検定の方法が分かります

やりたいこと

イカサマサイコロを使った検定シリーズ第2弾です。
今回は、統計検定の王道と言われる”t検定”を使います!

t検定とは

T = (標本平均 – 母平均) ÷ (標本標準偏差) × √(n-1)

という統計量を作れば、それはt分布という完全に相対度数が把握された分布になります。よって95%予言的中区間を作ることができます。
t検定 はそれを利用して行う検定のことです。

t検定は、一見似ている二つの統計量に差がある or 無いことを調べるときに利用するのが一般的です。
そこで今回は、普通のサイコロイカサマサイコロの1が出る目の回数の差を調べ、検定したいと思います。
ここでは、普通のサイコロの1が出る目の回数が、正規分布になることが前提なのですが、そうなると仮定して進めますね。

仮説を立てる

帰無仮説:2つのサイコロの1が出る目の回数に差はない(差=0)
対立仮説:2つのサイコロの1が出る目の回数に差がある(差≠0)

サイコロを振る

24個の普通サイコロ、24個のイカサマサイコロを振り、1の目が出た数の差分をとります。
これを1000回繰り返し、検定量を作ります。
 普通のサイコロの目を取得する関数をget_dice_normal()
 イカサマサイコロの目を取得する関数をget_dice()
を使うと、上記の試行は以下のようになります。

diff_1のリストに、差分が入ります。

この続きは、次回検証してみます。
お楽しみに!

まとめ

  • Pythonでの統計検定方法の例が分かりました
  • t検定は次回に検証



-Python, 統計

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

Pythonでイカサマサイコロの検定を行う

Table of Contents こちらを読むと やりたいこと調べる方法サイコロを12000回投げる検定を行うまとめReference こちらを読むと Pythonでの統計検定方法の例が分かります二 …

単純パーセプトロン③

Table of Contents こちらを読むと数式おさらい実装まとめReference こちらを読むと 単純パーセプトロンの実装方法が分かります 数式おさらい 前回のブログで、単純パーセプトロンの …

SIerエンジニアが1年間AIを勉強して感じること

Table of Contents こちらを読むと結論:AI職は、エンジニアの上位職ではなく、別物著者についてAI職と一般エンジニアとの違い機械学習エンジニアが一般エンジニアと違うところ機械学習のモデ …

WordPress (Stinger)にPythonのソースコードを貼るには

Table of Contents こちらを読むとやりたいこと手順Gistとはまとめ こちらを読むと WordPress(Stingerテンプレート)でのPythonのソースコードの貼り方が分かります …

統計 検定を行うためイカサマサイコロを作ってみた

Table of Contents やりたいこと検定のターゲットイカサマサイコロの仕様 イカサマサイコロの実装まとめ やりたいこと 統計の勉強をしておりまして、「検定」と呼ばれる分析手法を実践してみた …