Python

Python matplotlibで複数のグラフを描画する

投稿日:

こちらを読むと

  • Pythonのグラフライブラリmatplotlibで複数のグラフを描画する方法が分かります。
  • 記事の所要時間は10分です。

記事を書いたきっかけ

Pythonのmatplotlibは、データのグラフを描画するのに便利なのですが、コーディングに少しクセがあり、なかなか覚えられずにいました。

そのため都度調べながら使っていたのですが、描画が思った通りにいかないことが多々あり、トラブルシュートに時間がかかるため、理解したことを残そうと思った次第です。

今回はよく使うけれどもクセがある、複数グラフの描画について書きます。

複数グラフの枠を表示

基本ですが、まずはmatplotlib.pyplotのインポートです。

次に、subplots関数を呼び出します。これで、複数グラフ描画の”枠”ができます。

複数グラフの枠ができる

subplots関数で複数のグラフを表示できます。この関数を実行しただけだと、グラフの枠のみが表示されるので、中身はこの後で入れていくのです。

subplotsの第1引数と第2引数の4, 1は、縦に4つ、横に1つのグラフを作ることを表します。引数figsize=(8, 8)は、グラフ全体のサイズをインチ単位で指定しています。

グラフの中身を表示

次は実際にグラフの中身を入れていきます。
先ほどのプログラムに、以下を追加します。

すると、1つ目のグラフ(ax1)に描画されます。

同様に、ax2~ax4に描画していきます。

ax1~ax4にグラフ描画

グラフ間隔の調整

複数のグラフ間隔が狭いので、subplots_adjustメソッドで調整します。

最終的にこのようになりました。

まとめ

  • matplotlibで複数のグラフを描画する方法が分かりました。

matplotlibは少しクセがあるのですが、一度使い方をしっかり学んでおけば、データ分析が速くなりそうですね!

Reference

機械学習のための特徴量エンジニアリング ―その原理とPythonによる実践



-Python

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

単純パーセプトロン③

Table of Contents こちらを読むと数式おさらい実装まとめReference こちらを読むと 単純パーセプトロンの実装方法が分かります 数式おさらい 前回のブログで、単純パーセプトロンの …

Pythonでt検定を行う①

Table of Contents こちらを読むとやりたいことt検定とは仮説を立てるサイコロを振るまとめ こちらを読むと Pythonでの統計検定方法の例が分かりますt検定の方法が分かります やりたい …

Pythonの正規表現ライブラリで文字列検索

Table of Contents こちらを読むとはじめにPythonの正規表現ライブラリrereを使って文字列検索実行結果まとめReference こちらを読むと Pythonの正規表現ライブラリ& …

SIerエンジニアが1年間AIを勉強して感じること

Table of Contents こちらを読むと結論:AI職は、エンジニアの上位職ではなく、別物著者についてAI職と一般エンジニアとの違い機械学習エンジニアが一般エンジニアと違うところ機械学習のモデ …

Pythonでイカサマサイコロの検定を行う

Table of Contents こちらを読むと やりたいこと調べる方法サイコロを12000回投げる検定を行うまとめReference こちらを読むと Pythonでの統計検定方法の例が分かります二 …

Twitterフォロー

Twitterタイムライン